出会いない大学生の出会い講座

出会いがない大学生(短大生・専門学生)は多いのではないでしょうか。

かくいう自分もかつてはそうでした。しかし今は恋人もいて、充実の生活を送ることができるようになりました。

このページでは、出会いない大学生だった自分が何を考え、どういう行動をしたのか記したいと思います。

出会いない大学生の体験談

出会いがない大学生は、同じ大学生の参考になるはず。まず、実際の体験談から見ていきますね。

私は大学時代の初期に出会いない大学生でした。最初の頃必修科目で話ができる同級生が複数人いたのでそれで安心して、特にサークルにも入らず過ごしていました。すると、他の同級生はサークルに入ってそっちに馴染んでいき、気が付くと話せる女の同級生はゼロの状態に。みんなサークルで恋人を作って自分だけ出会いがない状況になり、大学時代の後半には学内での出会いを諦めてバイト先でやっと彼女と出会うことができました。(男性)
大学のサークル活動をほとんどしていなかったので、出会いがほとんどありませんでした。さらにアルバイトばかりの生活だったので、出会いのなさに拍車を掛けていました。(男性)
大学デビューする間もなく、がり勉を絵に描いたようなダサダサの容姿で入学したため、サークル勧誘でも一切声をかけられなかった。なので、まずは雑誌を買って化粧やファッションを覚えるようにして、友達にもコンパをしてくれるよう頼んだ。(女性)
人見知りで女子としかつるんでいなかったので、男友達でさえもいなかったです。話しかけられても真顔だったり、声を発せずにいました。(女性)
私の大学は共学でしたが、学部が文学部日本文学科だったことで、学部内に男子学生が少数で、さらに女子のみのサークルに入ってしまい、出会いのない女子大学生でした。
まずは大学内で出会いを探しましたが、あまり縁がなく、その後アルバイトを始めたことで友人関係が広がり、徐々にお友達から始まる異性の友人ができました。(女性)
単科大学でいつも全員同じ授業でサークルもほとんど機能していなく、勉強が忙しかったため、学内での出会いはないに等しかった。バイトもする暇がないのでもちろん出会いなし。(女性)
出会いのない大学生時代と言えば、私もそうでした。理系の大学だったので、まず女性の絶対数が少なかったです。更に友達関係も重要だと思います。友達が女性との出会いに興味がある人が多ければ、出会いの場みたいな企画があったりして女性と出会う機会も増えるかもしれませんが、そうでない友人ばかりだと合コン等に出る機会も少なくなって必然的に女性と出会う事もないでしょう。(男性)

どうすれば出会いを増やせるか

出会いない大学生の体験談について見てきました。

全体的に言えることは、

  • 行動する人:その後彼女/彼氏ができる
  • 行動しない人:その後も出会いない状況が続く

といったことでしょう。

もちろん環境の変化なども重要ですが、一番は自分から動いて相手に働きかけること。

恋愛において出会いがないと感じるのは、実は自分から動かないためであることがほとんどです。

出会いない大学生の原因

そもそも出会いがない原因について、確認していきましょう。

1.そもそも行動していない

そもそも行動不足で「出会いがない」と言っている可能性があります。

何もしないうちから出会いがないといっても、それはドラクエで街から出ずにレベルが上がらないと嘆いているようなものですよね。

まずは行動することが大切で、彼氏/彼女がいる大学生はなんだかんだ行動量が多いって思いませんか?

行動することで経験値が貯まり、よりよい出会いに期待することができるようになります。

最初から成功するのではなく失敗を重ねることで成功するということを念頭に置くことで、失敗を恐れなくなりますよ。

2.より好みしている

付き合う相手をより好みしている可能性があります。

モテる女子大生なんかは特にこの傾向があるかもしれませんが、付き合う相手を厳選しようとするんですよね。

いろいろ条件をつけて、付き合わない理由を探してしまう。そんなことってないでしょうか。

対策としてはまず自分が第一に恋人に求める条件をひとつだけに絞って、その条件に合致している人とはまず付き合ってみること。

付き合う中からその人の良いところも見えてくるかもしれないし、悪いところも見えてくるかもしれません。

しかしより好みして理想だけを追いかけるよりは、充実した生活を送れる言えますね。

3.成長しない

成長せずに、同じ理由でフラれてばかりという人もいます。

成長しなければ、大人の付き合いをすることができません。いつまでも執着や嫉妬心にまみれ、お互い高め合うのではなく蹴落とし合う関係性になってしまうでしょう。

そういった意味で大人の恋愛をするには、成長することが大切です。大学生はまだ大人になりきれていない部分もありますが、なるべくスマートな恋愛ができるようにしていくべきでしょう。

また一度指摘されたクセについては、治しておくマインドが必要になりますよ。

たとえば

  • 待ち合わせによく遅刻するけど謝らない
  • 白黒はっきりつけたがる性格でめんどくさい
  • 神経質で些細なモノの位置が気になり、ケンカになる

などなど、自分のクセを指摘してもらったら改善していくようにしたほうがいいですね。

出会いを後押ししてくれるツールの利用もあり

今はTinderなどが大学生の間で流行っていますが、出会いに対して積極的になるために使えます。

たとえば最初はマッチングして雑談をしてみるなど、異性と触れ合う機会を増やすことでモチベーションも湧いてくるかもしれません。

もちろん最初から上手くいくことはないでしょうが、失敗を通して経験値を貯めることで次の出会いの時に少しは良くなっているでしょう。

学生はTinderは全然出会えない? その口コミ、評判まとめ
Tinderは大学生にとって出会えるサイトでしょうか。その口コミ評判から・Tinderを大学生におすすめできるかどうか調査してみました。 Tinderの実際の口コミ・評判 クラウドワークス調査、2019年6月11日のアンケート結果です。...

出会いない大学生はマッチングアプリを利用する

最近では女子大生の4割がマッチングアプリに対して肯定的な意見を持っており、2019年現在では一般的な大学生が使っているのがマッチングアプリです。

一昔前は出会い系/怪しい系サイトといった印象でしたが、今の恋活系マッチングアプリはクリーンな印象のものが多いです。そのため、前向きな出会いを探したい学生におすすめできるでしょう。

具体的なアプリについては、以下からご紹介していきますね。

大学生におすすめのマッチングアプリランキング
Poiboy(ポイボーイ)

ポイボーイは20歳前後の若い男女(イケメンに限る)に人気のマッチングアプリ。イケメンならどんどんぽいされるので、出会えること間違いなし。

アプリで一番人気になれば、日常でも女の子に困らなくなるイケメン専用アプリとなってます笑

会員数も110万人を突破してきているので、リアルでも遊べる女友達を作りたいという場合にもおすすめです。

ワクワクメール(R-18)

ワンナイトの相手を探すなら、マッチングアプリよりも出会い系に近いワクワクメールを利用するのがおすすめ。

会員数600万人、運営歴20年と老舗なので安心して遊び友達が見つかるのがワクワクメールの強みです。

特に地方に住んでいても出会えるのが強く、それだけ会員数が多いんですよね。Twitterみたいにつぶやき機能があるのでさくさく仲良くなれますよ。

eveeve(イヴイヴ)

イヴイヴは会員制のマッチングサービスで、ルックスや経済力で選ばれた男女のみが登録しています。

イケメンや美女が多いと有名で、Youtubeでもチャンネルがあるのでチェックしてみてください。

登録している人は意外と若く、20代前後の若者中心(ほぼ20代が過半数)なので大学生でも安心してりようできます。

デメリットとして会員数が少なめ(非公開のため詳細な人数は分かりませんが推定10万人~)。地方では出会いづらいです。大阪・東京・名古屋・福岡・北海道在住なら使えるアプリとなっているでしょう。

daigakusei-appをフォローする
大学生のためのマッチングアプリ
タイトルとURLをコピーしました